経理に英語スキルは必須?あった方が良いけれどなくてもなんとかなるよ

経理に英語スキルは必須?あった方が良いけれどなくてもなんとかなるよ

経理部に入りたい、経理部に配属されたけど、英語はできた方が良いの?という疑問を持たれている方も多いかと思います。

経理に限らず、英語スキルはあった方がもちろん良いです。ですが経理業務については高度な英語スキルがなくてもなんとかなります。

今回は私が経理で働いた経験を元に、経理業務において英語がどの程度必要なのか、英語ができるとどういうメリットがあるのかを記載いたします。

経理部に英語は必要か

業種にもよりますが、経理の仕事をする上で英語は必要になる場面があります。近年はグローバル化しているので海外とやり取りをする企業も多いです。

まったく英語がわからないと困ってしまう場面があるかもしれません。

しかし中学英語程度ができれば問題ありません。

実際のやり取りはメールで行うことが多いので、文面はインターネットを探せば出てきますし、受けっとったメールの内容がわからなければ、Google翻訳で日本語に変換してしまえば意図がわかります。

英語圏ではない国の人とも英語でやり取りをする可能性がありますが、簡単な英語を使えば意思疎通は可能です。下手に難しい英語を使わないほうがいいです。

英語でスキルアップ!業務範囲を広げる

業務上、中学英語程度ができれば問題ないとお話ししました。

しかし英語ができればできる業務の幅が広がります。会社によって貿易関係の業務をどの部署が持っているか変わってきますが、貿易関係の業務をこなすこともできます。(貿易関係の知識を学ばないといけませんが)

なので英語ができるというのは経理に限らず個人としての強みになります。

まずは本業の会計の勉強をお勧めしますが、英語も息抜きの勉強しておくと後々役立つでしょう。

英語の必要性は経理としてどういうキャリアパスを築いていきたいか、もしくは経理にとらわれず仕事人生やライフスタイルとしてどういう方向性でいきたいのかに大きく依存します。

英語を使って海外とゴリゴリやり取りをする仕事をやっていきたい!という方はぜひ身につけましょう。

まとめ

今回は経理業務における英語の必要性を記載させていただきました。個人的には英語のスキルがなくても経理業務をこなす上では特段不便はありません。

まずは本業である会計の知識をつけるべきです。業務に直結するので、学習したことが業務に役立ちます。

会計に対する下地ができたところでさらに会計の知識を深めるのか、英語を学んで業務の幅を増やすのかといったところは早めに考えておけるとよいでしょう。