落ち込んだり悲しくなった時に試してほしい5つのこと

落ち込んだり悲しくなった時に試してほしい5つのこと

特に理由は無いけど、将来が不安だ。

とても悲しいことがあってなんにもやる気が起きない。

生きていればいろんなことがありますよね。

今回は落ち込んだり悲しくなってどうしよたら良いかわからないという人のために試してほしい事を記載いたします。

落ち込んだり悲しくなった時に試してほしい5つのこと

自分の気持ちを客観視してみる

落ち込んだり悲しんくなったときは、自分の気持ちを客観視してみてください。

今自分は落ち込んでいるんだなぁ

今私はとても悲しい気持ちになっているんだなぁ

と客観的な視点で自分の気持ちを見つめ直してみてください。

それだけでなぜか少しだけ気持ちが軽くなる場合があります。

日記に自分の状況を書いてみるのも効果があります。

自分素直な気持ちを客観視してみてください。

家族や友人に話を聞いてもらう

落ち込んだり悲しくなった時には家族や友人に素直に打ち明けてみましょう。

解決策を提示してもらわなくてもただ話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になる場合があります。

落ち込んだり悲しい時は身の回りの人に甘えてみてください。

悲しい曲を聴いてとことん落ち込んでみる

落ち込んでだり、悲しいことがあったときに音楽を聴くという人も多いかと思います。

明るい気分になるために明るくて元気な曲を聴いて元気を出そう!

それはそれで良いのですが、落ち込んだときに無理やり今の気分と違う曲を聴くのは精神的な負荷が大きく、返って逆効果になってしまう場合があります。

そんな時は無理せず、今の気持ちにあった曲を聴くようにしましょう。

コメディ映画を見てみる

落ち込んだときにはコメディ映画を観るのもありです。

くだらないことで笑いを誘ってくるコメディ映画を見ているとなんとなく元気が湧いてきます。

本当に悲しい時は観る気にもなれないかもしれませんが、もし試せそうであれば試す価値ありです。

全く新しい事をする

落ち込んだり悲しくなってどうしようもない時は新しい事を始めるのも良いでしょう。

何かに没頭することができれば悲しい気持ちや落ち込んだ気持ちを忘れることができます。

前から興味があった事を始めるのも良いですし、もしなければ今まで行ったことのない土地に行ってみるのもありです。

初めて行く土地でいろんなものを見たり食べたりするうちにリフレッシュすることができるかもしれません。

まとめ

今回は落ち込んだり悲しくなったときに試してほしい事を記載いたしました。

なんとなく不安になる時や悲しくなる時は誰にでもあります。

そんな時は今回記載させていただいた事をぜひ試してみてください。