日曜日の夜に明日仕事に行きたくないなと憂鬱になったときの対処法

日曜日の夜に明日仕事に行きたくないなと憂鬱になったときの対処法

日曜日の夜に仕事へ行きたくなくなった時にやりたいこと。

仕事をしていると日曜の夜が憂鬱になることがあるかと思います。

今回はそんな時のためになってしまった日曜の過ごし方について記載していきたいと思います。

月曜日はウォーミングアップの日だと考えてみる

日曜日の夜に憂鬱になってしまった場合は月曜日はウォーミングアップの日だと考えましょう。

いきなり全ての仕事を完璧にこなそうとはせず、まずは会社の環境に慣れることを最優先に考えながら1日を過ごしてみみるのもありです。

月曜日は会社に行くことに慣れる日だと割り切って仕事に向かうようにしてみましょう。

本当に嫌だと思ったら休んでもいいと考えましょう。

日曜日の夜に憂鬱になりすぎて月曜日仕事に行けない場合は無理して行く必要ないと考えるようにしましょう。

もし明日の朝起きてやる気が出なかったら休んでもいいと考えて眠りにつくようにしましょう。

そうすれば月曜日の朝起きたときにそのまま勢いで出社できるかもしれませんし、いやな場合は休むこともできます。嫌な時は無理をせず休暇を取るのもありです。

日曜の夜に楽しいことをしましょう。

日曜の夜は何もやることがないと月曜のことを考えてしまいがちです。

日曜の夜にできる趣味があると月曜のことを考えないで済みます。

日曜の夜にできる時間は限られてしまうかもしれませんが例えば映画鑑賞や音楽鑑賞など、明日のことを考えないでもいいことをやってみましょう。

月曜日帰ってきた後のご褒美を用意する。

月曜日行ってきた後に楽しみを作るようにしましょう。

大好きな甘いものを食べる。

好きな映画や好きな海外ドラマを観る

好きなゲームをする。

といったようなことを用意しておきましょう。するともう月曜日のことが楽しみになってきます。早く月曜日の嫌な仕事を切り上げて、楽しんでいる自分を想像してみましょう。

お酒を飲んでしまう。

日曜の夜憂鬱になりすぎた場合はお酒を飲んで早く寝てしまうのもありです。

すんなり眠りにつけるための酒を飲むようにすれば余計なストレスを感じることもなく日曜日の夜を過ごせます。

しかしあまりお酒に頼りすぎると体を壊すにもなるのでほどほどに。

友人や家族と会話をする

一人で悶々と考える時間はあると月曜日のことを考えてしまいます。

そういう時は家族や友人と話すようにしましょう。

素直に月曜日が嫌だという会話を刷るだけでも少し心が軽くなりますし、全く別のことを話すのもありです。話しているうちに月曜日への憂鬱な気持ちが晴れる場合があるのでどんどん話してみましょう。

ランニングをしてみる

ランニングをすると体も爽快感があり、疲れてしまうの寝つきも良くなります。

体を動かすこと自体も精神的には好影響があるのでランニングをしてみるのもありです。

普段体を動かさないオフィスワークの方は運動不足解消にもつながるので一石二鳥です。ぜひ試してみてください。

まとめ

今回は日曜の夜に月曜日のことを考えて憂鬱になったときの対処法を記載しました。

どの方法もある程度効果があると体験を通して感じているのでぜひ実践してみてください。