結婚式場が決まってから準備の初期段階に必要なこと

結婚式場が決まってから準備の初期段階に必要なこと

結婚式場が決まって、いよいよ結婚式への準備が始まった人は結婚式に必要な事を計画的に準備していかなくてはいけません。

今回は結婚式場が決まってから準備の初期段階でやる事を記載したいと思います。

しっかり準備をして結婚式直前には出来るだけ余裕を持って望めるようにしましょう。

とはいってもなかなか直前は忙しくなると思いますが。

自分なりの結婚式のイメージを膨らませる

結婚式場が決まったらまずは会場の雰囲気を元に自分なりの結婚式のイメージを作るところから始めましょう。

例えば厳かな雰囲気が良いのかアットホームな雰囲気が良いのかなどです。

会場の雰囲気はナチュラルな感じが良いのかファンシーな感じが良いのか。

ドレスはどんな感じのものを着たいのか。

色は何色が好きなのか。

などなど、考えることが沢山あります。

とはいえここの段階ではなんとなくのイメージで大丈夫です。

決まっていくにつれてイメージができてくると思うので、この段階では自分が実現したいイメージの方向性だけでも決められるといいと思います。

結婚式、披露宴への招待者のリストアップ

結婚式の準備でまず必要なことが招待者のリストアップです。

この作業が意外と大変です。

どんな関係性の人をどこまで招待するのか。

招待した場合に結婚式で話す相手はいるか。居づらくないかなどいろんな事を考えなければいけません。

友達は割と声をかけやすいですが、職場の人を招待する場合には誰を呼ぶかなどは非常に気を使います。

結婚式、披露宴への招待状を作成する

結婚式へ招待する人がおおよそ決まったところで結婚式への招待状の作成を行います。

依頼して作ることになると思うので、できるだけ早めに招待状のフォーマットの決定と枚数を伝えて作ってもらうようにしましょう。

この際に書き損じ用に多めに依頼しておくと安心です。

参加者も場合によっては増える可能性もあるのであれば少し多めに注文しておきましょう。

披露宴イベントの依頼

招待者が決まって披露宴イベントなども決まっていたら各種イベントを行っていただきたい人に依頼をします。

例えば主賓祝辞、余興、友人スピーチなどです。

最近はここまでかたくやらない人もいるかもしれませんが、イベントを設定している人はできるだけ早めに依頼をしましょう。

披露宴でのイベントをこなすのもなかなか大変な役です。

依頼をする際には対面で依頼するようにしましょう。

結婚式、披露宴の衣装選び

式場が決まったら、衣装も早い段階で決めてしまいましょう。

特に花嫁の衣装は重要です。

会場の雰囲気や会場に飾る花なども衣装によって変わってきます。

なので軸となる花嫁衣装は早い段階で決まるとそのあとがスムーズです。

早めに決まると良いですが、どの衣装を着るかは本人たちに取って重要なのでしっかり選べると後々後悔しません。

どんな衣装を着てもそんなに後悔することないんですけどね。

予算や形、色など自分たちで納得のできるものを選択しましょう。

まとめ

今回は結婚式場が決まってから準備の初期段階でやる事を記載しました。

今回記載したような事が決まってくると結婚式のイメージであったり、進行方法が明確になってくるので、検討が進んでいきます。

決める事が多いですが、一つ一つしっかり検討して素晴らしい結婚式、披露宴が行える事を応援しています。