いざという時に焦ってしまって空回りしないために心掛けたいこと

いざという時に焦ってしまって空回りしないために心掛けたいこと

緊急事態に陥ると焦ってしまって適切な判断ができなかったという経験はないでしょうか?

人間誰しも焦るということはありますが、初めて体験することにぶつかった時に空回りしてしまうとあの時あーすればよかったのになと後悔することがあります。

今回はいざという時に焦ってしまって実力が発揮できないという人のために心掛けてほしいことを記載したいと思います。

とにかく一回深呼吸をする

まず、初めて体験すること、焦ってしまうような場面に出くわした場合にはとにかく一回深呼吸をしましょう。

焦ったまま進んでしまうと空回りしてしまうということは過去の経験から学んでいます。

深呼吸することさえできない緊急事態もあるかもしれませんが、可能な限りまず立ち止まってみることが必要です。

深呼吸をして落ち着いた心をとり戻したら、今置かれている状況を冷静に判断しましょう。

何がやばい状況を作り出しているのかを突き止めてから、その状況を打破できる方法を探りましょう。

打破できる方法が見つかればあとは粛々とやるべきことをやるだけです。

これを心がけていると、周りからの反応も変わってきます。

肝が据わってる」とか「落ち着いている」という評価を受けるようになります。

事前準備をしっかり行う

非常にありきたりな対策ですが、自分が陥ってしまいそうな状況が想定できるのであれば、その時のために対策をしておくといざという時に落ち着いて行動することができます。

たとえ焦ってしまったとしても事前準備があるのとないのとでは結果が雲泥の差です。

なかなかいざという時のために備えるということは難しいですが、焦ってしまう人はできる限りの準備をするようにしましょう。

何をやるべきかを優先順位付けを行う

焦ってしまう原因の1つに対処する事象が複数存在する場合があります。

いざという時に適切に対処できるようになるには絶対に取りこぼしてはいけないところから対処できるように優先順位をつけることが必要になります。

上で深呼吸をして一度立ち止まると記載しましたが、この時に頭の中で素早く優先順位をつけられるように日頃から訓練しておきましょう。

こちらは思考方法の練習なので日頃から訓練する必要があります。

いざという時に焦らないように日頃から思考実験を繰り返しておきましょう。

まとめ

今回はいざという時に焦ってしまって空回りしてしまわないように心がけてほしいことを記載しました。

まずは深呼吸をして現状を把握するということを心がけるだけでも変わってきます。

是非焦ってしまうような状況に陥ってしまった場合は試してみてください。