ハワイで風邪をひいたらDayQuil NyQuilを買おう

ハワイで風邪をひいたらDayQuil NyQuilを買おう

海外で風邪をひくとどの薬を飲んだらよいのか迷います。

国内から常備薬を持っていけばいいのですが、常備薬も飲み干してしまい、もう風邪薬がないけれども風邪が治っていない

そんな状況はなかなか辛いものがあります。

海外の薬局を見て回りましたが、どれが風の飲み薬なのかさっぱりです。中には座薬もあり、うっかり間違って飲んでしまったらと考えるとゾッとします。

そこで今回はハワイで風邪をひいてしまった時に飲む薬について紹介したいと思います。

ハワイで風邪をひいてしまったら

昼に飲む薬DayQuil

見た目がなかなかいかついので飲むことに二の足を踏んでしまいそうですが、そんなに強い薬ではなさそうです。

私も最初は飲むと余計具合が悪くなるんじゃ無いかと警戒していましたが、風邪のまま観光を終えるのも嫌だったので意を決して飲んでみました。

結果としては特に薬の副作用で体に悪影響が出るということはありませんでした。いやー良かった良かった。

VICKSのマークもあり、海外の薬にしては比較的安心して飲める薬になっています。

後ろの注意書きも英語でわからないところが多かったですが、Google翻訳のアプリで画像から翻訳してくれるものがあったので、それで変換してみました。

すると「肝臓に重大な影響を及ぼす可能性があります」

みたいなことが書いてあり、怖くなりましたが、おそらく日本の薬もそうなのでは無いかなということで、自分を納得させました。

薬の服用方法も記載されていました。一日に飲む上限が決まっていて、4粒までが上限のようです。

私の場合は朝とお昼に2粒ずつ飲むようにしました。

効果としては完全には治りませんでしたが、風邪の症状は治まっていく傾向にあったので効いたと思います。

一粒が大粒なので大人の比較的若い方でないと飲むのが辛いかもしれません。

粒状のものの他に液体で飲む薬も販売していたので、どうしても必要という方は試してみると、症状が多少良くなるかもしれません。

夜に飲むNyQuil

こちらは夜に飲むDayQuilの夜バージョンです。

これまた大きくて仰々しい薬ですね(^^;

昼との違いは眠くなる成分が入っているようです。

海外旅行で日中は動きっぱなしだったため、薬でどのくらい眠くなるかははかりませんが、日中に運転などする人は控えたほうがよさそうです。

こちらも液体の薬も売っていたので飲むのが辛い方はそちらを選ぶと良いかもしれません。

最後に

ハワイで風邪をひいてしまった時の薬を紹介しました。

それにしても海外(アメリカ)の薬ってなぜこんなに仰々しいのでしょうか?

一種の思い込み効果も狙っているのでしょうか?

日本に帰ってきて日本の薬をみてみたら逆にこれはこれでいかにも薬です!という感じも否めません。

何がいいのかわかりませんが、風邪は良くなったのでよかったです。

最後にこの記事はあくまで私の体験に基づいた記事ですので服用の際は自己責任にて服用をお願いいたします。