変わって欲しい変わりたいと思っているのに変われない世の中

変わって欲しい変わりたいと思っているのに変われない世の中

タイトルの通りなのですが、多くの人が変わって欲しいまたは変えて欲しい現実があるにもかかわらず、変わっていかないということは結構ありますよね。

例えば、満員電車での通勤とか。

これだけコロナウイルスで騒いでいるのにも関わらず、満員電車での通勤というのは無くなりません。

かくいう私も満員電車に揺られて出勤途中ですが…

仕組みに動かされる人

仕組みによって人は行動する

そんなことを最近考えています。

ある程度の枠組の中で行動を起こす。そしてその枠組みから外れようとしない。

法律の枠組みは超えてはいけないと思いますが、法律で縛られていない枠組みからは外れて新しい枠組みを作っていかなければいけない。

いくら根性論で辞めましょう!!なんでできないんだ!!と叫んだところで人の行動は変わらないのだろうと思います。

目に見えてデメリットがあることがわかっていても、枠組みから外れること自体が悪とされていていつまで経っても枠組みを変えようとしない。

これが満員電車が解消しない理由なのではないかと考えています。

起業家が新しい枠組みを作り出す

会社を作るということだけが新しい枠組みを作ることというわけではないと思いますが、起業家たちの情熱と社会課題を解決する奉仕精神によって世の中は変わっていきそうな気がしています。

ベンチャー企業などはどんどん新しい働き方を取り入れて行っている。

自分たちにデメリットがあるのであれば、今の枠組みを見つめ直して、本当にそのやり方がいいのか検討する必要がありそうです。

世の中の仕組みに対して、他人事では変わらない

現状に甘んじて、仕組みを見直していこうという自発性無しでは世の中変わっていきません。

自分ごととして捉え、自分にできることは何か考えてみようと思います。

自分の行動が、少しでも世の中に影響を与えると信じて。