2日家に籠るだけで体が固まる自粛疲れとは

2日家に籠るだけで体が固まる自粛疲れとは

週末は都内への外出自粛要請が出ていたので、家の中から出ることはせずにほとんど家の中でこもっていました。

特にやることもないので、ゲーム、漫画、本を読むということをひたすらやっていたのですが、2日間だけでさえ体が固まってしまいました。

2日籠るだけで疲れるけど自粛疲れはしていない

自粛疲れという言葉に批判的な立場でいます。

自粛要請されてるから仕方なく自粛すると言うようなニュアンスに聞こえるんですよね。

確かに肉体的にも精神的にも疲れるのですが、本質的な原因はやはりコロナウイルスのせいであって自粛のせいではないように思います。

安倍首相や小池都知事がカタカナを使ってわかりづらいとメディアは批判しておりますが、自粛疲れと言うのもわたしには非常に違和感があるんですよね。

インターネットがないと自宅待機も辛いものになるでしょう

今の世の中、インターネットがあるおかげで世の中の情報を得ることもできますし、暇も潰せます。(悪い情報も入ってくる)

そう考えるとインターネットを使えない高齢の方はどうやって暇を潰しているのか疑問に思ってしまいます。

テレビを見て時間を潰すのもいいですがテレビだけの情報だと偏ってしまうような気もしています。

外出自粛の裏側では買い溜めに走る市民の姿が報道されています。

その原因はなんでしょうか?

もちろんインターネットも使い方次第

世界中が一瞬のうちに繋がるインターネットなので使い方は気をつけなければなりません。

今回のトイレットペーパー事件のようにデマ情報も一瞬で駆け巡ります。

私もちっぽけですが情報発信をしているので肝に銘じなければいけないなと思っています。

今こそ家でできる楽しみを増やすビジネスがはやるかも

なんでもビジネスに結びつけるのは良くないですが、家で時間を潰せたり自宅待機のストレスを少しでも和らげる商品が売れそうな気がしています。

任天堂Switchは店から消え、ネットでは価格が上がっています。

人の役に立つ商品を開発することも今この世の中にとっては非常に重要行動かもしれません。

1人1人にできること

家に篭っていると体が固まるのでストレッチをしてみたり、いつもよりゆっくりお風呂に入るのもおすすめです。

漫画読んだりゲームをしたりしていると体が痛くなるのでヨガローラーなどを使って伸ばしましょう。

1日の最後にはお風呂にゆっくり使って固まった体をほぐしましょう。

自粛疲れというものもあるでしょうが、大変な時はみんなで乗り越えていがなければと思います。

早く落ち着いてくれるのを願って。